ついにAI投資信託が販売されます。

 【無料レポート1】

 <<ゴローの資産運用入門 資産を増やす方法とリスク>>

 <<資産運用を始めたい方に、誰にでもできる投資の概要とリスク、資産運用の基本的な考え方を紹介します。>>

 【無料レポート2】

 <<ゴローの資産運用入門 投資信託の真実>>

 <<初心者がはじめ易い投資信託の概要と商品の選び方や購入方法を解説します。>>

※この無料レポートをダウンロードされますとメルマガ発行者の<<ゴロー>>により、メルマガ名「お金を生かす ゴローの資産運用入門講座」に代理登録されます。※登録されたメルマガは以下から解除することができます。 メルマガ解除

2016年11月25日

ついにAI投資信託が販売されます。

こんばんは ゴローです。

アストマックス投信投資顧問が、
株式会社Magne-Max Capital Managementが
開発した人工知能運用モデルと、

ヤフー株式会社のビッグデータを活用した
公募型投資信託、「Y jamプラス!」という
公募型投資信託を設定・運用することに
なりました。

募集開始日は11月28日

当初は、ふくおかフィナンシャルグループの
福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、
ふくおか証券を通じて募集・販売が行われ、
運用開始日は12月20日となっています。

ご存知の様にAIの技術は大きく進化
していて、チェスでは世界チャンピオンを
倒すほどになっています。

一方、ヤフーは莫大な検索データや
Webサイトでの購入データを
ビッグデータとして持ち、

Web広告の自動表示などに利用している
最もビッグデータを活用している企業です。

これらの技術やノウハウを資産運用に活用
していく訳ですから期待も高まります。

この運用モデルの特徴は、
市場のゆがみを探索し、
将来大きく伸びるスター銘柄を
発掘するところにあります。

将来大きく伸びるスター銘柄とは、
アナリスト評価の変更や、株主還元策の発表
といったイベントで投資家の注目度が高まり、

今後の株価の上昇が高い確度で
期待できる銘柄です。

これをビッグデータの解析によって
発掘するのです。

そこに、月間で700億ページビューの
ポータルサイト、ヤフージャパンが
保有しているビッグデータと

高性能なコンピューター環境が
活用されるのです。

主要投資対象は、国内外の金融商品取引所に
上場されている株式です。

もう一つの特徴は、運用管理費用が
アクティブ型にしては割安な水準に
なっていることです。

投資信託の運用といえば、
ファンドマネジャーと呼ばれる
運用のプロフェッショナルが、

アナリストのリサーチで上がってきた
企業情報を吟味し、自らも企業訪問を
繰り返したうえで、投資先を選定するという
流れでしたが、

「Y jamプラス!」は、
こうした銘柄選定のための
材料をビッグデータ解析で行い、
AIを実装した運用モデルが銘柄を
選定します。

人手を介さない分、比較的、運用管理費用が
割安に抑えられる訳です。

購入時の手数料は、基準価額に3.24%を
上限として販売金融機関が決めることに
なっていて、
上限で決まると割高感がありますが、
 
運用管理費用が年0.9936%というのは、
アクティブ型ファンドの一般的な料率に比べ
割安な水準です。

運用が始まってみないと
実際のパフォーマンスがどうなるのか
予想もできませんが

運用期間が進むにつれて、AIの学習能力が
発揮され、パフォーマンスが高まっていく
期待があります。

果たして、
資産運用の世界で、
人間の頭脳と人工知能のどちらが
勝っているのか、

運用開始後の実績に
注目したいと思います。

AI